大阪北区・南森町・腰痛 ほねやすめブログ
腰痛ならおまかせ下さい
プロフィール

やすはら かずや

Author:やすはら かずや
南森町で整体院を開業してます。

大阪市北区天神橋2-5-22佐藤ビル4F

整体院 ほねやすめ

TEL/FAX 06-6357-5224


ここをポチッとクリックしてね♪

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台公演
西村雅彦 舞台公演
7/25(水)・7/26(木)ウェルシティ大阪(大阪厚生年金会館芸術ホール)で上演されます。チケットまだあるそうですよ。舞台好きの人はどうぞ。

キャスト

 観月ありさ
 西村雅彦
 安田 顕
 村杉蝉之介
 武田義晴
 チョウソンハ

utanotsubasa-adv.jpg

http://www.rup.co.jp/information/utanotsubasa.html


エドモン・ロスタンが生み出した永遠の“愛に殉ずる男”シラノ・ド・ベルジュラック。
詩の才に秀で、剣は一流、その上哲学者でもあるシラノの唯一のコンプレックスは巨大な醜い鼻。

彼は従妹のロクサアヌを心の底から愛していたが、そのコンプレックスゆえにその恋心を胸の奥に押し隠している。
そんな彼の心の内を知らない彼女はある日、シラノと同じ青年隊に属する美男子のクリスチャンに恋をして苦しんでいることをシラノに相談する。
図らずも時を同じくしてクリスチャンからも、ロクサアヌに思いを寄せていることを聞かされたシラノ。ただし女性にオクテだと逆に相談され、2人の為に詩才を生かしクリスチャンの名でラブレターの代筆を始める。
シラノの尽力でふたりは恋人になるが、宿敵ド・ギッシュ伯爵の画策により二人の所属する青年隊は戦場送りとなってしまう。
しかもクリスチャンは、戦場で敵弾に倒れこの世を去ることに・・・。
15年の歳月を経て、ロクサアヌは修道院で暮らしている。毎週土曜日にシラノが訪ねてくるのを心待ちにする日々を送っていた。
ある日、シラノは頭に深い傷を負って訪ねてくる。そして彼はクリスチャンの生前、彼の代筆で送ったロクサアヌ宛の手紙を読み聞かせる。
その時、初めてロクサアヌは手紙の主がシラノだったことを知るのだった。
温かいロクサアヌの愛に包まれたシラノは、だが・・・。
「シラノ・ド・ベルジュラック」は時代を越えて純愛小説の原点として世界中の人々に愛され続ける名作である。


僕は7/26(木)19:00からの公演に行く予定です。


開業が夢!なんて方は受講しないでください。

開業するのは当たり前!

成功していただくためのスクーリングです。








スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://honeyasume.blog105.fc2.com/tb.php/15-7236a8e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。